robasanの地球にちょっとわるい話
倉木麻衣「夢が咲く春/You and Music and Dream」3月19日発売!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒と青は禁止
今年から大阪市では、
黒と青のゴミ袋は収集しないことになりました。

それから1ヵ月経ったのですが、
今でも、理解していない人が居て、
黒のゴミ袋を使用している人がいますね。

とりあえず、中身が確認できるゴミ袋を使用しようということですが、
なかなか躊躇しますね。

私は、そんなに人に見られて悪いものは
買っていないのですが、
シュレッダーしたものは、生ゴミに混ぜるとか、
捨てるのに工夫が必要なものもあります。

まあ、それ以前に、
買うときに捨てるときのことを考えてしまいますね。

ただ、こういう傾向は、むやみにゴミを増やさないということで、
一定の効果はあるのかもしれませんね。


スポンサーサイト
包装も考えて欲しい
コンビニで、箸やストローを付けてくれること、
私も原則として断っています。

ただ、問題は、その後にあります。
当然、コンビニの商品はプラスチック容器に入っていたりしますね。

私の住む大阪市では、
ゴミを分別せねばなりません。

そのためには、コンビニ商品の容器も、
きれいに洗って、プラとかペットとかの
素材別に分解しなくてはならないのです。

ところが、紙で貼られたシールとか、
なかなか剥げず、分別しにくいものがあります。

また、一部ペットボトルは、
口の方に、一部プラスチック部分があって、
きっちり、ペット部分と一体に接着されていて、
これを外す事は、特別な器具がないと無理なことが多いです。

一部メーカーでは、剥がしやすいラベルとか、
分別を想定した商品もあるのですが、
まだまだゴミの分別回収を想定した商品が少ないように思います。

メーカーの方も考えて欲しいものですね。

懐かしい思い出
倉木麻衣のライブツアー、
今年は、全国で、いろいろなところに行きましたね。

少し前の事ですが、今では懐かしく思います。

倉木さんは、海が好きなので、
富山や新潟では、海に親しまれたようです。

自然環境を守ってゆきたいという反面、
快適と安全を求める声も大きいです。

というのは、私が子供の頃は
自然の海岸が残っていたのですが、
今は、どこもコンクリートで整備されてしまい、
自然の海岸が残っていないのです。

倉木さんは、生まれた頃から
今の海岸線を見ているのでしょう。

しかし、私には、自然が破壊された姿にしか映りません。

ただ、これ以上は自然環境を破壊したくないですね。

地球温暖化
倉木さんが、ツバルという南の島国のことを書いていますね

地球温暖化で、海面が上昇し、
島が水没しそうになっているそうです。

南の美しい島が海面上昇で、
水没しそうだというニュースは
以前から、よく聴くのですが、
そういうことの原因は、私達にもあるようです。

わが国では、豊かな消費生活を送っていますが、
それは、企業の生産活動によるものです。

企業は消費者のニーズによって、
ものを作りますから、
地球環境に良くない企業のものを買うことにより、
もっと地球環境が悪化するものです。

食品などでも、消費者が健康にいいものしか買わないと、
企業も、そういうものしか作らなくなると言われるように、
消費者の方でも製造過程や製造物が
地球環境に優しい商品しか買わないようにすれば、
企業の生産活動も、そのようになると思います。

多くの人が、少しでも、そういうことに心掛けると、
大きな波になると思うのです。


箸はいらない
コンビニなどに行くと、
「箸はいりません。」としつこく言わないと、
強制的に箸を押し付けられたりしますね。

私は、どうして箸を付けるのか、
いつも疑問に思います。

もちろん、公園での食事とか
駅弁など、電車の中で食事するとか、
職場が野外の工事現場で、
箸を必要とすることがあるでしょう。

しかし、普通はプラスチックごみとして、
分別廃棄するわけで、
その際に容器を洗わなければなりません。

そうだとすると、洗う手間を考えると、
箸は自分のものを使うことが多く、
割り箸はゴミ袋が破れたり、
ゴミが増えるだけで、
邪魔なだけだと思うのです。

コンビニ店員などの、上記態度は、
箸を要求するお客さんが多いということなのでしょうが、
その人たちは、容器を洗わずにゴミ出ししているのでしょうか?

それとも分別していないのかもしれませんね。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。